close
1.

図書

図書
山前譲編
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2022.2
シリーズ名: 河出文庫 ; [や45-1]
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
変な音 夏目漱石 [著]
カズイスチカ 森鷗外 [著]
妙な話 芥川龍之介 [著]
Kの昇天 : あるいはKの溺死 梶井基次郎 [著]
時計のいたずら 佐藤春夫 [著]
谷崎潤一郎 [著]
復讐 久米正雄 [著]
日の出前 太宰治 [著]
マルクスの審判 横光利一 [著]
人を殺したが… 正宗白鳥 [著]
変な音 夏目漱石 [著]
カズイスチカ 森鷗外 [著]
妙な話 芥川龍之介 [著]
2.

図書

図書
近藤ようこ漫画 ; 夏目漱石原作
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2020.1
シリーズ名: 岩波現代文庫 ; 文芸 ; 315
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
頭木弘樹編
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 2019.2
シリーズ名: ちくま文庫 ; [か-71-2]
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめての家族旅行 直野祥子 [著]
気絶人形 原民喜 [著]
テレビの受信料とパンツ = 낮은 목소리로 李清俊 [著] ; 斎藤真理子初訳
なりかわり = Impostor フィリップ・K・ディック [著] ; 品川亮新訳
走る取的 (とりてき) 筒井康隆 [著]
運搬 (うんぱん) 大江健三郎 [著]
田舎の善人 = Good country people フラナリー・オコナー [著] ; 品川亮新訳
絢爛 (けんらん) の椅子 深沢七郎 [著]
不思議な客 (『カラマーゾフの兄弟』より) ドストエフスキー [著] ; 秋草俊一郎新訳
野犬 白土三平 [著]
首懸 (くびかけ) の松 (『吾輩は猫である』より) 夏目漱石 [著]
たき火とアリ = Костёр и муравьи ソルジェニーツィン [著] ; 秋草俊一郎新訳
はじめての家族旅行 直野祥子 [著]
気絶人形 原民喜 [著]
テレビの受信料とパンツ = 낮은 목소리로 李清俊 [著] ; 斎藤真理子初訳
4.

図書

図書
夏目金之助(漱石)原著 ; 三井庄二編著
出版情報: 東京 : 清水書院, 2017.9-2018.2
所蔵情報: loading…
5.

電子ブック

EB
小山慶太編著 ; 夏目金之助 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 丸善出版, 2017.1
所蔵情報: loading…
オンライン: https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000043458
6.

図書

図書
夏目漱石著
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 2017.2
シリーズ名: ちくま文庫 ; [き41-5] . 教科書で読む名作||キョウカショ デ ヨム メイサク
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
夢十夜 (ゆめじゅうや)
文鳥 (ぶんちょう)
現代日本 (げんだいにほん) の開化 (かいか)
硝子戸 (ガラスど) の中 (うち)
夢十夜 (ゆめじゅうや)
文鳥 (ぶんちょう)
現代日本 (げんだいにほん) の開化 (かいか)
7.

図書

図書
[夏目漱石著] ; 藤井淑禎編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2016.7
シリーズ名: 岩波文庫 ; 緑(31)-011-20
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
満韓ところどころ
倫敦消息
自転車日記
京に着ける夕
入社の辞
元日
病院の春
余と万年筆
初秋の一日
満韓ところどころ
倫敦消息
自転車日記
8.

図書

図書
夏目漱石作
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2016.11
シリーズ名: 岩波文庫 ; 緑(31)-011-21
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
樋口一葉 [著] ; 川上未映子訳 . 夏目漱石著 . 森鷗外著
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2015.2
シリーズ名: 日本文学全集 / 池澤夏樹編 ; 13
所蔵情報: loading…
目次情報:
たけくらべ 樋口一葉 [著] ; 川上未映子訳
三四郎 夏目漱石著
青年 森鷗外著
たけくらべ 樋口一葉 [著] ; 川上未映子訳
三四郎 夏目漱石著
青年 森鷗外著
10.

図書

図書
夏目漱石 [著]
出版情報: 東京 : 講談社, 2015.10
シリーズ名: 講談社学術文庫 ; [2327]
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
愚見数則
入社の辞
虚子著『鶏頭』序
太陽雑誌募集名家投票に就て
イズムの功過
私の個人主義
思い出すことなど(抄)
ケーベル先生の告別
硝子戸の中(抄)
文学談
文士の生活
書簡(抄)
断片三五C
断片三五D
愚見数則
入社の辞
虚子著『鶏頭』序